オフショア開発

モダンオフショア開発

Modern Offshore Development

共に新価値を創造し、
企業のDXを加速するオフショア開発。

特徴

私たちは、従来のオフショア開発とは異なるアプローチで独自のモダンオフショア開発サービスを提供します。

オフショア開発人材

Point 1
優秀な開発チーム確保

ハノイ工科大学を筆頭にトップクラスの大学から優秀な人材を厳格な採用、
社内研修による即戦力チーム。

Point 2
テクノロジー x プロセス

クラウドやAI・IoTのテクノロジー、アジャイル・スクラム・DevOpsなどのプロセスによるプロダクトの価値を最大化。

ワンチーム

Point 3
共創パートナー

クライアント様を含めたワンチーム体制。共に考え、ビジネス課題に向け一緒に解決していくパートナー。

従来のオフショア開発

コストや工数削減に重視

計画駆動型にフォーカス

指示&実行の関係

提供サービス

ご要望やビジネス課題に応じて最適な開発をご提案いたします。

ラボ型開発

仕様変更や機能追加が予測されるプロジェクトにおいてアジャイル型開発を通して柔軟に対応

受託型開発

開発に必要な仕様や要件が確定しており、ウォーターフォール型の開発をご希望に最適

ラボ型開発支援サービス

一定期間においてプロジェクトにアサインする専属チームを作る開発体制です。自由に開発を行うことができます。

こんな方におすすめ

    • 長期的に専属のチームを作りたい
    • エンジニアリソース不足が常に起きている
    • 自社の採用またはパートナーのリソース確保が不安定

受託型開発支援サービス

要件や仕様に沿って期日までに当社が成果物を完成させ、納品する開発体制です。短期的な期間に必要な人数を確保できます。

こんな方におすすめ

    • 仕様書や設計書に基づいたシステム開発を依頼したい
    • 社内で開発ディレクションがいる
    • 長期計画ではラボ型開発をやりたいが、いきなりは不安

開発体制

導入の流れ

01. ご要望ヒアリング

ご要望やビジネスの課題を日本法人の営業担当者がヒアリングさせていただきます。
クライアント様のビジネスを深く理解し、オフショア開発で目指すべきゴールをともに考えます。

02. ご提案・見積もり

ヒアリング時のゴールに向けて必要なスキルと体制を洗い出し、最適な技術と進め方をご提案いたします。

03. ご契約・開発開始

クライアント様と合意した内容を基に日本法人にて契約書を交わさせていただきます。

04. 評価 ・ 調整

機能ごとやフェーズごとに要件を満たしているか、使いやすいものになっているかを評価いたします。
評価結果を基に必要であれば調整を行い、より品質の高いものにブラッシュアップしていきます。

よくある質問

最小人数は2名(ブリッジSE1名・エンジニア1名)から開始できます。

またチームのパフォーマンスを十分発揮し、安定した運営を可能にするために3名(ブリッジSE1名、エンジニア2名)以上のチーム体制を推奨しております。

当社のブリッジSEは、日本に留学・就職経験または日系企業での経験が豊富なエンジニアを中心に採用を行っており、日本語能力試験N2以上の取得が基本条件となっております。

同時に、社内では日本語研修を積極的に行い、お客様に安心して開発をお任せいただけるような土壌づくりを日々行っています。

その他、通訳を通じてエンジニアとコミュニケーションを取ることでもできます。

時差は日本時間からマイナス2時間です。日本とベトナムでは、あまり時差のない環境での業務となりますのでご安心ください。

また、日本法人には専任のPMもおりますので、時差を感じさせない対応がお客様にご好評をいただいております。

お問い合わせ

詳しくご相談したい方

お見積もりやサービスに関する確認事項など具体的なご相談はこちらから。

資料請求

資料をご請求したい方​

オフショア開発に関するお役立ち資料をこちらから資料請求できます。

ディエスソリューション株式会社

東京オフィス:〒105-6004  東京都港区虎ノ門4−3−1城山トラストタワー4F

ベトナム拠点:ベトナムハノイ Nam Tu Liem区Trung Van町To Huu通り48号、Viwaseenタワー12階

ディエスソリューション株式会社はGoogle Cloudパートナー企業です。DX実現に向けてクラウドマイグレーション、GCP上でアプリ開発するならディエスソリューションにお任せください。

©2022 DS SOLUTION, INC. All Rights Reserved.|個人情報保護方針